自然エネルギー100%プラットフォーム(CAN-Japan)は、この度下記の通りウェビナーを開催いたします。

開催概要

イベント

【自然エネルギー100%プラットフォームウェビナー】

2050年カーボンニュートラルを実現へ 〜自然エネルギー100%実現のビジョン~

日時

2020年4月7日(水)16:00~17:30(開場15:55)

会場

オンライン(Zoom)

趣旨

いま政府内ではエネルギー基本計画とそこで定められる将来の日本の電源構成比率(エネルギーミックス)や、パリ協定における日本の温室効果ガスの削減目標(NDC)など、将来の日本のエネルギー政策を大きく左右する「数字」についての議論が急ピッチで進められています。昨年10月の菅首相の2050年温室効果ガス排出ネットゼロ発言や、パリ協定が目指す今世紀半ば、出来るだけ早い時期のカーボンニュートラルを実現する上で、今後政府が示す「数字」は充分なものとなるでしょうか?

本ウェビナーではNGOが示すシナリオ・ビジョンにおいて、自然エネルギーの導入をどのように見ており、また提言をしているのかについてご紹介することで、政府から示される「数字」をウェビナーをご覧になる皆さんが検討する材料を提供したいと思います。

また私たちは2050年カーボンニュートラルは自然エネルギー100%を通じて実現すべきと考えており、そのためには、脱原発・脱化石燃料を両輪で進める必要があります。果たして自然エネルギー100%を実現することはどうやってできるのでしょうか?また2030年までにどこまで増やすことができるのでしょうか?そのビジョンを皆さんと共有できればと思います。

シナリオ紹介団体(登壇者)

・WWFジャパン(市川大悟)

発表資料:脱炭素社会に向けた 2050 年ゼロシナリオ

ダウンロード(PDF)

参考資料:2050年脱炭素社会に向けた100%自然エネルギーシナリオ アップデート版

ダウンロード(PDF)

・自然エネルギー財団(西田裕子)

発表資料:Renewable Pathways 自然エネルギー財団の2050・2030にむけた提言

ダウンロード(PDF)

参考資料:Renewable Pathways:脱炭素の日本への自然エネルギー100%戦略

ダウンロード(PDF)

・気候ネットワーク(平田仁子)

発表資料:温室効果ガス排出2030年60%削減に向けて 気候ネットワークの提⾔より

ダウンロード(PDF) ※発表時より一部修正

参考資料:2050年ネットゼロへの道すじ

ダウンロード(PDF)

<司会進行>松原弘直(環境エネルギー政策研究所)

参考資料:2050年カーボンニュートラル実現に向けた自然エネルギー100%のビジョン

ダウンロード(PDF)

(発表内容や資料については随時更新・掲載いたします。)

申込方法

お申込み方法:以下からお申込みください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_ihOvWi8mSn6Cc18tk06d6w

定員

500人(先着順)

主催

CAN-Japan

本ウェビナーは、2021年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。また、本ウェブページは、同地球環境基金の助成を受けています。