CAN-Japanは、日本国内での自然エネルギー100%プラットフォームの立ち上げにあたり、ラッセ・ブルーン氏(Climate Action Network International グローバルキャンペーンリーダー)を迎え、下記の通りイベントを開催いたします。

イベント

動き出す100%自然エネルギーイニシアティブ

〜日本における100%RE実現への課題〜

日時

2017年9月5日(火)13:00~15:00

会場

メルパルク京都 (京都市下京区)6階 会議室6

  • JR京都駅 烏丸中央口から東へ約2分
  • 地下鉄京都駅5番出口から徒歩約1分
  • 近鉄京都駅中央口から徒歩約5分
  • 京阪七条駅から徒歩約15分

地図はこちら

趣旨

近年、世界では100%自然エネルギー(以下、100%RE)のビジョンを掲げる主体が増え続けています。一方、日本では、2030年度の自然エネルギーの電力の割合は非常に低く設定されており、国内で自然エネルギー促進の機運は、諸外国のような広がりはまだ見られません。

今回のイベントでは、世界中で広まっている100%REの動きについてCAN インターナショナルのブルーン氏から紹介いただきつつ、CAN-Japanメンバー団体の自然エネルギーに関する取り組みを紹介し、日本で100%REの展開にむけて、論点を提示します。

プログラム

1. 講演「世界の市民社会や地域の自然エネルギー100%へのイニシアティブ(仮題)」

ラッセ・ブルーン(Climate Action Network International グローバルキャンペーンリーダー)
※ 逐次通訳あり

2. 100%REに向けた市民の取り組み

井上保子さん(宝塚すみれ発電)

3. 日本版100%REウェブサイト開設について

4. 質疑応答

基調講演者

ラッセ・ブルーン

Climate Action Network International グローバルキャンペーンリーダー

ラッセ・ブルーン氏は、気候変動、エネルギー、動物愛護、持続可能な農業の分野のエキスパートとして、20年以上にわたりコミュニケーションや政策提言、ムーブメント構築などの活動に携わってきました。ブルーン氏は、国際環境NGOのGreenpeaceのグローバルプロジェクトリーダーや、デンマーク議会のアドバイザーを務めた経験を経て、現在はClimate Action Network(CAN)のグローバルキャンペーンのリーダーを務めています。ブルーン氏は、これらの経歴を通して、ハイレベルな国際的対話やキャンペーン、プロジェクトを世界中で主導してきました。

CANにおいては、120カ国・1100を超えるNGOを代表してキャンペーンをコーディネートしています。また、労働組合や大都市行政、財団、さらにはフォーチュン500に名を連ねる企業とともに、環境問題、信仰心、開発などに関わるNGOを巻き込んだグローバルなエネルギー・タスクフォースを率いています。コペンハーゲン大学大学院(修辞学、言語学)。

主催

Climate Action Network Japan(CAN-Japan)

CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する120ヶ国・1100団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、15団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。

お問合わせ

Climate Action Network Japan (CAN-Japan)事務局
認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所内
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail: secretariat@can-japan.org
Website: http://www.can-japan.org

このイベントは、平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。