自然エネルギー100%プラットフォームでは、2017年夏より、各主体の国内の自然エネルギー100%の実践への機運を高めていくため、賛同団体・宣言団体の募集を行ってきました。これまでに、110の賛同団体、16の宣言団体が参加し、国内の中小企業・地方自治体・教育機関、そして市民団体の取り組みの加速を推し進めてきました。

一方、この間、 大企業が参加するRE100への日本企業の参加数が増加するとともに、2019年には、中小企業・地方自治体・その他団体すべてを対象に100%宣言を受け付ける再エネ100宣言 RE Actionも発足し、それぞれにおいて、様々な主体が自然エネルギー100%を宣言し、その実践を進めるようになっています。

そのような発展経過を踏まえ、自然エネルギー100%プラットフォームとしては、以降の自然エネルギー100%の「宣言団体」の募集を終了することと致します。各主体の自然エネルギー100%宣言の拡大については、RE100及び再エネ100宣言 RE Actionの事務局とも連携し、その橋渡しを担っていく予定です。今後は「RE100」と「再エネ100宣言 RE Action」のイニシアティブを応援するかたちを取ることとしつつ、さまざまなアクターの自然エネルギー100%に関する取り組みの後押しや、国内外の関連情報を幅広く紹介していくことで、国内においての自然エネルギー100%への動きをさらに広げていきます。

自然エネルギー100%プラットフォームでは、自然エネルギー100%宣言をするところにはまだ届かない主体が自然エネルギーを進めていくための支援や、大学等の教育機関での自然エネルギー100%への取り組み支援、自然エネルギーに関連する各種情報発信、市民に広く自然エネルギーへの支持を広げていくための情報発信やネットワークなどを精力的に行っていく予定です。

賛同団体」についてはこれまで通り引き続き募集をしています。さらなる多くの団体が自然エネルギー100%に賛同してくださることを期待しています。