世界自然エネルギー100%プラットフォーム、コーディネーターのRian van Stadenによるチェルノブイリ原発事故から32年目の声明。


ドイツ・ボン2018年4月26日

チェルノブイリ原発事故の荒涼とした現実とその対応にかかる膨大なコストを思い出せば、私たちは原子力時代の遺産を検証せざるをえません。原子力のコストや責任、減り続ける発電量を検証すると、コスト効率的で安全かつ未来志向の普遍的な代替エネルギーが必要であることに疑いはありません。

自然エネルギーは、その代替エネルギーです。自然エネルギーを解決策の一部と見る人もいれば、自然エネルギーが解決策の大部分となると見る人もいました。そして、数多くの前向きで強い関心をもつコミュニティたちは、自然エネルギーが解決策のすべてであると見るようになりました– まさに解決策(the solution)という意味で。

世界自然エネルギー100%プラットフォームは、まさにその考え方についてコミュニケーションを交わす世界の自然エネルギーコミュニティの心から生まれました。そして、その考え方をすばやく現実へと広げるため、戦略や技術、実践と道筋を支えてきました。

実際に、そのようなビジョンを現実のものとするべく、達成に向けた軌道に自らを位置づけようとする国、都市、機関、企業などの例がますます増えていくことを、私たちは目撃しています。課題を受け止め、持続可能なエネルギー利用の聖杯へと至る道程に自らを位置づけ、取り組みを進める国、都市、機関、企業などの数がますます増えていくことを、私たちは目撃しています。彼らは、すでに目標を達成した経験をもつ人々や、目標の達成に向けた現実的な道筋をつくり出すための知識や専門性をもっているこのプラットフォームやその他の支援を受けて取り組みを進めています。

それらの道筋に原子力は含まれていません。それらはむしろ、私たちの社会の記憶にも新しいチェルノブイリ原発や福島原発のような事故の悲劇が繰り返されないよう、原子力を取り除くことを前提としています。

私たちの世界を救うために人類の温室効果ガス排出量を減らそうとする絶望的な試みにおいて、新たな原子力の成功は必要とされていません。原子力利用に伴う危険な地政的関係や使用済み燃料の環境影響などがなく、分散型で安全な自然エネルギーは、本当の解決策を提供することができます。自然エネルギー100%の考え方は、そうした解決策を必要不可欠にします。

将来のエネルギーの取り組みを考える上で、過去の誤りを繰り返さないための代替エネルギーは存在します。それが「自然エネルギー100%」です。今日も、そして、これからも。

関連Webサイト

  • 世界自然エネルギー100%プラットフォーム – go100re.net
  • 自然エネルギー100%プラットフォーム – go100re.jp