2017年11月13日、千葉商科大学(千葉県市川市)は、日本の大学として初となる「自然エネルギー100%大学」への宣言を発表しました。この宣言は、教育機関として初めて自然エネルギー100%プラットフォームの「自然エネルギー100%宣言団体」に登録されました。

目標は、以下の通りです。

2018年度目標

千葉商科大学をネットで日本初の「RE100大学」にする
  • 大学所有のメガソーラー野田発電所等の発電量と千葉商科大学市川キャンパスの消費電力を同量にする

2020年度目標

千葉商科大学をネットで日本初の「自然エネルギー100%大学」にする
  • 大学所有のメガソーラー野田発電所等の発電量と千葉商科大学市川キャンパスの消費エネルギーを同量にする

同大学は、日本の大学単体では日本一大きいメガソーラー発電所(敷地約4万6,781㎡に約 1万枚のソーラーパネルを設置)を、千葉県野田市の大学所有地に建設し、2014年4月より「太陽光発電事業」に参入しています。2016年度には、一般家庭約800世帯が1年間に使う電気量に相当する年間約317万kWhを発電しました。

野田メガソーラーは、2014年度、同大学のキャンパスで使用する電気の77%に相当する電力量を発電しました。現在、同大学の自然エネルギー100%エコキャンパスを目指した取り組みは、残りの23%を省エネ・創エネでまかなうことを目指しており、2017年度より学長プロジェクトとして位置づけられ全学で取り組まれています。また、プロジェクトの実施主体としてCUCエネルギー株式会社を設立し、すでにキャンパスの全棟の照明をLED化、野田メガソーラーの敷地内に太陽光の追加増設などに着手し、教員による学生プロジェクトの準備も進められています。

現在、野田メガソーラーはFIT電気として全量売電していますが、CUCエネルギーの地域電力会社化の可能性を見込み、FIT終了後には実質的な自然エネルギー100%大学の実現を達成する見込みです。

自然エネルギー100%プラットフォームは、教育機関による先駆的な自然エネルギー100%宣言であることから、今後も千葉商科大学の取り組みと進捗に注目して参ります。

参考

お問い合わせ

千葉商科大学 庶務課
E-mail:shomu@cuc.ac.jp

この記事は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けています。