再生可能エネルギー100%国際シンポジウム開催 – 再エネ100%をめざす外務省・環境省・ビジネス・自治体・NGOのリーダーが議論

By イベント, ニュース

2018年8月23日、千葉商科大学(千葉県市川市)にて、シンポジウム「再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けてマルチステークホルダーの取り組み」が開催されました。再生可能エネルギーに関心のある企業関係者、自治体関係者、一般市民など約500人が参加しました。

Read More

「100%自然エネルギー・ビルディング・ブロックス」サマリー日本語版

By ニュース, 世界自然エネルギー100%プラットフォーム

自然エネルギー100%世界キャンペーンは、これまでの世界各地の自然エネルギー100%に向けた取り組みの実績や成功事例を踏まえ、持続可能なエネルギー転換のための実用的なツールキットとして「100%自然エネルギー・ビルディング・ブロックス」を開発しました。自然エネルギー100%プラットフォームでは、このツールの概要版を日本語に翻訳しました。

Read More

自然エネルギー100%を実現する「要」 − 環境配慮の大切さについて考える

By 社会的合意形成

自然エネルギー100%を目指していく際、自然エネルギー設備を増やしていくという方向性の傍らで、とかく見落とされがちな2つの重要なポイントが「省エネ」、そして「環境配慮」です。本記事では、自然エネルギー100%を目指す上で、なぜ環境配慮が重要な視点となるのか、そして、どのように配慮していけるのかについて紹介します。

Read More

自然エネルギー100%をめぐる世界の動向と日本

By ニュース

太陽光発電の展示市「PV Japan 2018」にて、セミナー「自然エネルギー100%をめぐる世界の動向と日本」が行われ、環境エネルギー政策研究所(ISEP)の古屋将太さんが、2015年のパリ協定採択を引き金に急拡大する自然エネルギーの世界的動向と日本の動きをご紹介しました。

Read More

エネルギー永続地帯の最新データで見る日本の自然エネルギー100%地域

By データ, ニュース

永続地帯研究会(千葉大学倉阪研究室と環境エネルギー政策研究所の共同研究)では、都道府県や市町村毎に自然エネルギーの割合を推計して自然エネルギー100%地域を見出し、評価する取り組みを行っています。「永続地帯2017年度版報告書」で公表されたエネルギー永続地帯のデータ(2016年度推計)より、地域別の自然エネルギーの電力の供給割合から各地域の特徴をみていきたいと思います。

Read More