Skip to main content
All Posts By

自然エネルギー100%プラットフォーム

エネルギー危機により加速する2022年の自然エネルギー市場の成長

By ニュース

※IRENAおよびGWEC等の最新レポートに基づき、データを修正しました(2023年4月)。

2022年はロシアのウクライナ侵攻に伴う世界的な化石燃料価格の高騰がエネルギー市場に多大な影響を与え、エネルギー危機が現実のものになりました。一方で、新型コロナウィルスの影響からの世界経済の回復により、世界全体のCO2排出量は増加し、パンデミック前の水準に戻っています※1

その中で、昨年2022年の自然エネルギーの成長は加速し続けており、2022年末までには太陽光発電の累積の設備容量は1000GW(ギガワット, 1GW=100万kW=原発1基分)に達して、ついに1TW(テラワット)の領域に入りました。風力発電も900GWを超えたと推計され、合わせると約2TWとなり、原子力発電の設備容量(約400GW)の約5倍に達しています(図1)。 Read More

パワーシフト・キャンペーンが「自治体・地域新電力の可能性と市場価格高騰―2022調査報告書」を公表

By ニュース
昨年12月、パワーシフト・キャンペーンと朝日新聞社は、自治体・地域新電力に対する電力市場価格高騰の影響を調査した報告書「自治体・地域新電力の可能性と市場価格高騰―2022調査報告書」を公表しました。 Read More

【ウェビナー】FITに依らない再生可能エネルギーの調達方法(2023年3月6日)

By イベント
気候変動の影響が激甚化し、脱炭素への国際的な流れがますます大きくなり、昨今の情勢ではエネルギーの安全保障やエネルギー自給といった面から自然エネルギーの価値が再確認されています。
一方で、国内では電力価格高騰による再エネ新電力への打撃や再エネへの反対運動、原発・火力回帰などの動きもみられ、日本の再エネ普及の歩みは早いとは言えません。このような状況で、どのように地域と調和しつつ再エネ100%を目指し、脱炭素社会を達成していくべきなのでしょうか?
今年度のウェビナーでは、脱炭素に先進的な地域ではどのような取り組みが行われているのか、化石燃料価格・電力市場価格高騰下での対応やFIT切れの再エネ活用策として何が考えられるのか、再エネとセットとなる省エネを地域でどのように進めていくのか、再エネ100%を目指すための多角的な視点による解決策を探ります。 Read More

ウェビナー開催報告「地域の一次産業の課題と自然エネルギーの可能性」

By ニュース
 1月19日、自然エネルギー100%プラットフォームは、「地域の一次産業の課題と自然エネルギーの可能性」と称したセミナーをオンラインで開催しました。

▶イベントページ:https://go100re.jp/3395
本イベントページ上に、当日の資料および動画を掲載しております。

Read More

ウェビナー開催報告「電力市場価格高騰と自治体・地域新電力」

By ニュース
 12月2日、自然エネルギー100%プラットフォームは、「電力市場価格高騰と自治体・地域新電力」と称したセミナーをオンラインで開催しました。
▶イベントページ:https://go100re.jp/3277

本イベントページ上に、当日の資料および動画を掲載しております。 Read More

【ウェビナー】地域の一次産業の課題と自然エネルギーの可能性(2023年1月19日)

By イベント
気候変動の影響が激甚化し、脱炭素への国際的な流れがますます大きくなり、昨今の情勢ではエネルギーの安全保障やエネルギー自給といった面から自然エネルギーの価値が再確認されています。
一方で、国内では電力価格高騰による再エネ新電力への打撃や再エネへの反対運動、原発・火力回帰などの動きもみられ、日本の再エネ普及の歩みは早いとは言えません。このような状況で、どのように地域と調和しつつ再エネ100%を目指し、脱炭素社会を達成していくべきなのでしょうか?
今年度のウェビナーでは、脱炭素に先進的な地域ではどのような取り組みが行われているのか、化石燃料価格・電力市場価格高騰下での対応やFIT切れの再エネ活用策として何が考えられるのか、再エネとセットとなる省エネを地域でどのように進めていくのか、再エネ100%を目指すための多角的な視点による解決策を探ります。 Read More

セクターカップリングで自然エネルギー100%を目指す~デンマークのPower-to-X戦略

By ニュース
デンマークでは、2030年までには年間電力消費量に対して自然エネルギー100%を目指すことが目標になっており、さらに2050年までの長期目標として脱化石燃料や全エネルギー消費に対して自然エネルギー100%を目指しています。 Read More